香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

前回、野球のピッチャーが

色んな投げ方を工夫して

意外と食いしばりをしていないと

お話ししました。

 

今回はバッター編という事で

バッターの口元に注目してみましょう。

 

 

パワーヒッターになると

口を閉じてあごを引き

インパクトの瞬間に

最大限の力が発揮出来る様に

バットに力を伝えます。

 

ここでも前回と同じ様に

下あごの固定が

身体の回転力をスムーズにし

力がバットを伝わり

ホームランを打つ事が出来ます。

 

よくマウスガードをしている選手が

パワーヒッターに多いのは

歯にかかる負担を軽減するだけでなく

このあごの固定を

スムーズに行える様にする為です。

 

ではイチロー選手の様な

ヒットを量産するバッターはどうでしょうか?

 

実は大きく息を吐いて

打っている事が

口元から推測出来ます。

 

食いしばると余計な力が入り

身体が硬直するので

ボールに対応すべき柔軟性が

失われてしまいます。

 

わざと息を吐きながら打つ事で

力みを抑え柔軟に

来る球に反応する事が出来ます。

 

最近の選手は

息を吐きながら力まない様にする

『いきみ逃し』を行っている選手が

多く見受けられます。

 

欠点としては

バットコントロールが優れる分

スイングスピードがやや落ちるので

飛距離が伸びにくいです。

 

しかし

『いきみ逃し』をしながらも

ホームランを量産する選手がいます。

 

それは

エンゼルスの大谷翔平選手

 

もちろんパワーヒットの時に

口を閉じて打つ事もありますが

余計な力を入れず

リラックスした状態でも

持ち前の体格とバットコントロールのセンスで

ボールを軽々とスタンドに届かせます。

 

その時の彼の口元から

イチロー選手と同じく

大きく息を吐いている事が推測出来ます。

 

プロ野球時代や入団当初は

『いきみ逃し』はせずに

口を閉じて打っていましたが

最近は吐きながら打つ方法に

変えたようです。

 

野球に限らず

サッカーやテニスなど

強く蹴ろう、強く打とうとし過ぎると

身体が力み、コントロール出来なくなります。

 

強く食いしばらず

フッと息を吐き

『いきみ逃し』をすると

良い結果が生まれると思います。

 

スポーツをされる皆さんは

呼吸の仕方も

気にしてみてはいかがでしょうか。

投稿日:12月 25日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

今回はスポーツによって起こる

食いしばりについて

考えてみようと思います。

 

 

よくイメージとして持っているのは

強い力を発揮しようとする時

人はしっかりと歯を食いしばって

力を入れると考えます。

 

ですが実際は

そんなに食いしばってないのが

現状です。

 

例えば元中日の山本昌投手は

投げる時に

必ず舌を出して投げています。

 

舌がクッション材になり

下あごをしっかりとした位置に

固定する役割になります。

 

一番多いのは

上唇と下唇を巻き込んで

口を閉じてへの字にして

投げる選手が多いです。

いずれも下あごの固定の為に

そうしています。

 

歯でこれを行おうとしても

本能的な反射が起こります。

 

これ以上、力がかかると歯が壊れると

脳が判断し

下あごをすくめ、固定し

歯が接触するのを防止します。

 

瞬間的に力を発揮させる時には

意外と歯と歯は

当たっていないのです。

 

下あごは頭から伸びた筋肉に

繋がっているだけで

骨によって固定されていないので

ぶら下がった状態です。

 

この宙ぶらりんの状態では

あごの固定が難しいので

舌を使ったり、唇を使ったり

前歯の先端だけを使ったりして

下あごを固定します。

 

ボールをリリースする瞬間に

最大限の力が発揮出来

なおかつコントロールする為に

この固定が非常に重要です。

 

回旋運動をするピッチャーの動きは

一連のスムーズな筋肉の動きによって

起こった力が指先に集中し

鋭い球速とコントロールされた球が

放たれます。

 

食いしばってしまうと

余計な筋肉の硬直が起こってしまい

スムーズに動けなくなってしまいます。

 

一流のピッチャーは

指先の繊細なタッチを重視します。

 

無意識もしくは意識的に

食いしばらない様にすることで

スムーズな動きと指の感覚を

研ぎ澄ましているのでしょう。

 

野球に限らず

全てのスポーツにおいて

同じ様な事が言えるでしょう。

 

観戦する時に

選手の口元に注目して観てみるのも

いつもと違って楽しく観れる事でしょう。

投稿日:12月 24日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

横浜Fマリノスなどで活躍していた

ヴィッセル神戸の那須大亮選手が

今シーズン限りで引退する事を発表しました。

 

 

引退の理由は

『ヘディング時に脳が揺れる』

ということでした。

 

数年前から

ヘディング時に揺れる感覚が

現れていたようです。

 

DFという事もあり

相手の攻撃を跳ね返す為に

ヘディングの技術は必要不可欠でしょう。

 

しかし現役生活だけでも

18年もの間

試合や練習で揺さぶられ続け

脳に障害が出たのかもしれません。

 

マウスガードを装着する事で

咬み合わせが安定し

首の筋肉が緊張し

しっかりと頭部を固定する事が出来ます。

 

ブレない体幹でヘディングすれば

脳への揺さぶりも軽減され

このような症状に悩ませられず

もう少し現役を続けることが出来たかもしれません。

 

身体が出来上がっていないうちの

ヘディングは危険なので

禁止したほうがいいと思います。

 

ある程度筋力が整ってからは

サッカーにおいても

マウスガードの着用によって

脳震とうの予防に努めた方が

より安全にプレー出来るでしょう。

 

少しずつサッカー選手の間でも

マウスガードを着用し

トレーニングするようになっています。

 

少しでも多くの方に知って頂き

普及が広まっていけば

楽しく安全にプレー出来る環境づくりが

整っていくと信じております。

投稿日:12月 17日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 
今回は怪我予防には効果的なマウスガードですが

良い面だけでなく

見落としがちな弊害について考えてみました。

 

 

一般的に上の歯に装着する事が

基本のマウスガードですが

特殊なラバーで衝撃を吸収し

歯を外力から守ります。

 

このラバー素材は

スポーツの種類や競技特性

個人の口の環境によって

様々な厚みの材料を使います。

 

例えばボクシングなどの格闘技では

4ミリもの厚みを持たせたものでないと

衝撃から歯を守れません。

 

口の中は非常に敏感で

髪の毛1本程の咬み合わせの高さも

違和感として感じる事があります。

 

この違和感が装着時の気持ち悪さや

吐き気などを引き起こす

原因になる事もあります。

 

そのような状態では

プレーにも支障をきたしてしまうでしょう。

 

適切な厚みを選択し

咬み合わせや形を調節する事で

軽減されることもあります。

 

次にプレー中に食いしばりが酷い場合

歯にかかる負担を軽減してくれます。

 

しかしながらラバーが咬む力を

吸収してくれるので

余計に咬み締めが強くなり

身体が硬直し

柔軟性が無くなります。

 

科学的な実験においても

検証されていて

咬み締めすぎると

手首や足首の筋力が向上し

固定されます。

 

次の動作に素早く移りたい時や

バスケットのシュートで

手首の柔らかさが必要な時に

不利に働く要因になりかねません。

 

着用義務化されている競技では

仕方ありませんが

適切に使わないと

意味がないどころか

逆効果になる事も考えられます。

 

使わないという選択肢が

必要な場合もあると個人的には考えます。

 

また専門的な知識のある

歯科医師の指導の下

作成し、使用する事を強く推奨します。

投稿日:12月 11日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

12月1日に行われた

カマタマーレ讃岐ホーム最終戦に行って来ました。

 

 

天候も良く絶好の観戦日和でした。

メインイベントとして

元日本代表、福田氏、名波氏による

少年少女サッカー教室と

トークショーが行われました。

 

人気のあるお二人という事もあり

多くの方が来場していました。

福田さんはお話が非常に上手で楽しかったです。

 

カマコロとカマッシュの

2大スタジアムグルメを堪能し

サポーター席で応援しました。

 

 

竹内キャプテンの魂のヘディングで先制し

見事に勝利を収めました。

カマタマーレの勝利の瞬間に立ち会えて

本当に良かったです。

 

スポーツデンティストとして観戦していて

選手の動き方や身体の使い方が

非常に気になりながら観ていました。

 

怪我をしないか

最後まで走り抜けるか

ハラハラしながら

親心のような感情が芽生えていました。

 

日々の絶え間ない努力を糧に

ひたむきに戦う彼らの雄姿に

只々感動し、涙腺崩壊ぎみでした。

 

今後も微力ながら

私に出来る事があれば

全力でサポートしていきたいと

改めて感じました。

 

まだ観たことが無い方も

来年は是非スタジアムで

生の興奮を味わってみてください!

投稿日:12月 2日| カテゴリー:ブログ

12月28日(土)午後から1月3日(金)まで休診いたします。

なお12月26日(木)は9:00~18:30まで診療いたします。

投稿日:12月 2日| カテゴリー:お知らせ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

この前の連休にカマタマーレ讃岐が

北九州での試合だったのですが

通り過ぎて熊本まで行ってまいりました。

 

 

熊本の東町グラン歯科院長、本田先生のご厚意で

マウスガード講習会に参加させて頂きました。

 

 

午前中にスポーツ歯科界でも

大変著名な芳賀先生が

熊本ヴォルターズユースの選手たちに

歯の大切さやマウスガードの効果などの講演を

行って頂きました。

 

特にバスケは怪我も多いので

選手達は真剣に先生の話を聞いていました。

 

午後からマウスガード作成のセミナーを

マウスガード専門にされている先生に

手取り足取り、色々と教わりました。

  

自分で作っていると分からない点も

経験豊富な先生のご指導のおかげで

大変分かりやすく有意義な講習会でした。

 

講習会の後には

馬肉料理や熊本の焼酎を

美味しく頂き、とても楽しい時間でした。

 

熊本にはプロバスケチームもありますし

Jリーグチームもあります。

 

東町グラン歯科では

熊本ヴォルターズと

ロアッソ熊本のデンタルサポートを

行っています。

 

香川県も同じく

ファイブアローズとカマタマーレがあります。

 

熊本でサポートされている歯科医院の経験を

私達にも生かしていける様に

参考にしていこうと思いました。

 

今回の先生方との出会いは

普通では出会えない方々ばかりなので

貴重な体験でした。

 

改めてこの場にご招待頂いた院長先生に感謝し

今後の診療に生かしていきたいと思います。

投稿日:11月 26日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

11月16日、17日の二日間

横浜で開かれた臨床スポーツ医学会に

参加して来ました。

 

 

普段、歯科の学会にしか参加していないので

医科の学会は馴染みのない専門用語に苦しみましたが

身近にあるスポーツという題材ですので

聞きやすい講演もありました。

 

中でも個人的に非常に興味のあった

eスポーツについての講演もありました。

 

整形外科が中心のスポーツ学会で

eスポーツを取り上げる事は

やはり時代の変化を感じます。

 

2022年のアジア大会では

競技種目の一つに採用され

将来的にはオリンピック種目を目指しているようです。

 

そのほかにも

来年の東京五輪に向けた熱中症対策や

スポーツにおける怪我について

健康の為のランニングの適正な距離は

どのくらいが良いのかなど

歯科とは関係ないテーマでも

分かりやすく捉えられる演題も多くありました。

 

今回の学会で得た知識を

これからの診療に役立てていければと

考えております。

 

気になった演題に関しては

またの機会に

ブログで紹介していこうと思います。

投稿日:11月 18日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

今朝の四国新聞の記事の中に

遠隔操作のロボットを使って

サッカー観戦をするという新しい試みが

紹介されていました。

 

 

試合会場に

『アバター』と呼ばれる

カメラが付いた機械を配置し

インターネットを使って遠隔操作し

あたかも会場にいるような臨場感を

体験する事が出来るそうです。

 

11月17日のカマタマーレ讃岐のホームゲームで

導入され、高松の施設に配信される予定です。

 

こうした新しい試みのPRとして

カマタマーレ讃岐の竹内選手と森川選手が

施設に訪問しました。

 

応援をしたくても

足を運ぶことのできない人にとって

このような取り組みによって

観戦が身近に感じられ

テレビでは味わえない興奮を

伝えられるかもしれません。

 

また例え遠隔とはいえ

観客が増える事で

選手達のやる気も

掻き立てられるかも知れませんね。

 

インターネットの進化により

今後ますます活性化していくと

大変喜ばしい事です。

 

今後に注目していきましょう。

投稿日:11月 14日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

現在、かがわスポーツデンティストの認定医を取る為に

講習を受けております。

 

講義の中で面白い話があったので

ご紹介したいと思います。

 

 

今年の3月に現役を引退した

マリナーズのイチロー選手

 

トレーニングや食生活など

彼のプロフェッショナルとしてのこだわりは

皆さん良く知る所だと思います。

 

イチロー選手は1994年に

歯科医師が選ぶ

笑顔が輝いている著名人に贈られる

『ベスト・スマイル・オブ・ザ・イヤー』

という賞に選ばれました。

 

授賞式のスピーチで

『僕は一日5回、歯を磨きます。

朝、練習後のシャワー、寮に帰ってから

夕食後、夜の練習後の合計5回です。』

と語っていました。

 

私も一日3回磨きますが

流石はイチロー選手

歯に対するこだわりも

超一流ですね。

 

スポーツ選手は

一般の方と違って

三回の食事では足りないエネルギーを

捕食や間食で補います。

 

スポーツドリンクなどで

喉の渇きとエネルギー補給を行います。

 

どうしても口の中が糖分などに

さらされる環境になって

虫歯が出来やすくなります。

 

その度に歯磨き出来ると

お口の環境がリセットされるので

虫歯予防に効果的です。

 

イチロー選手は

これらの事が分かっていたのでしょう。

 

彼の綺麗な歯と歯並びは

ヒットを量産出来る

しなやかなバッティングに生かされ

瞬発力のある走塁に生かされ

レーザービームのような強肩に生かされ

数々の活躍を成し遂げてきました。

 

彼に憧れる子供たちも

彼の様になりたければ

一日5回とは言いませんが

一日3回しっかりと歯を磨きましょう!

投稿日:11月 6日| カテゴリー:ブログ