香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

 

本来であれば

今年開催される予定だった

東京オリンピック

 

今年2月の東京マラソンで

日本記録を更新し

代表の座を射止めた大迫傑選手

 

そんな大迫選手ですが

ランニングシューズについての

インタビューの中で

『感覚はさほど重要ではない』

『良かった感覚は人の成長を妨げる

人の感覚は当てにならない。』

と語っているのを拝見しました。

 

続けて

『科学的で客観的な数値を重視します。』とも

 

この言葉を聞き

私はハッとしました。

 

マウスガードを入れた選手に対して

『身体感覚を重視してください』と

指導していました。

 

勿論、かみ合わせは

少しのずれでも違和感として感じるので

こちらが提供したものが

100%感受されるとは思っていませんし

慣れが必要になるので、

その様に指導する事があります。

 

調整を繰り返し

動作に不具合が生じぬ様に

観察していきます。

 

マラソンという競技は

走るという特に単純な動きの中で

マイナス要素を極力省き

プラス要素を積み重ねた結果が

タイムに反映される競技です。

 

こちらも提供する以上は

少しのマイナス要素を生まぬ様

細心の注意を払う必要がある事

責任をもって提供する事を

大迫選手の言葉から学びました。

 

科学的及び医学的根拠に基づき

スポーツパフォーマンスに直結する医療を

今後も続けて行ける様に

日々精進していく所存であります。

投稿日:6月 24日| カテゴリー:ブログ