香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

イングランド、スコットランド、アイルランドの

サッカー協会がユース世代のヘディングに

制限を設けるガイドラインを発表しました。

 

  

今回制限が設けられたのは

小学生以下の練習時のヘディングは

原則禁止。

 

12歳~16歳までは段階的に

控える様にする事。

 

試合においては制限を設けれないので

制限なしといった感じです。

 

アメリカでは既に始まっていますが

若者のヘディングに関しては

脳への悪影響が以前より懸念されています。

 

スコットランド、グラスゴー大学の調査研究によると

元サッカー選手の認知症発症のリスクや

脳疾患のリスクが高いとの報告もされています。

 

日本の現状はどうでしょうか?

 

知識のある指導者の下では

ヘディング禁止の指導がなされていると思いますが

経験や知識の無い指導者の下では

ヘディング練習があると聞きます。

 

サッカー選手として生きる時間は

長い人生の中でとても短く

その中でも若年期は本当に短いです。

 

生涯、健康に生きる為にも

この短期間のヘディングに

何の意味があるでしょうか。

 

日本サッカー協会も

英国サッカー協会やアメリカに習い

原則禁止していく様になっていく事でしょう。

 

以前のブログの中でもお伝えした様に

那須選手の様な例もあります。記事はこちら

 

少しでも減っていく事を

願うばかりです。

投稿日:2月 25日| カテゴリー:ブログ