香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

昨日

令和3年度坂出市スポーツ推進委員研修会で

スポーツ歯科の講演をさせて頂きました。

 

 

90分の講演など経験したことがなかったので

非常に緊張しました。

 

少しでも参加された方が

興味を持って頂けるように

準備して臨みましたので

自分としては精いっぱいやり切ったと

思っております。

 

主にスポーツと歯の重要性についてお話させて頂きました。

 

皆さんが興味を示されたのが

様々なスポーツ選手のプレー中の口元に注目し

各選手様々な方法で

頭部の固定を行っているという内容と

スポーツマウスガードについてでした。

   

後に録画していた動画を見返し

聞き苦しい所があるなど

反省点も多かったので

今後はもっと精進していかなくてはならないと

感じました。

 

この度はこのような貴重な機会を与えてくださった

関係者の皆様に大変感謝しております。

 

少しでも坂出市の地域スポーツに

貢献出来たのならこの上ない喜びを感じます。

 

今後ももし機会があれば

このような活動を行っていこうと思っています。

その為に少しでもパワーアップ出来るように

日々努力していきます!

投稿日:4月 26日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

昨日久しぶりに

サッカー日本代表戦が行われました。

 

 

強敵韓国に3-0で勝利

 

3点取れたのも凄いですが

0点に抑えた守備陣の活躍が

素晴らしかった印象です。

 

この試合でも

富安健洋選手は

ディフェンス王国イタリアで活躍している事もあり

安定したプレーを見せていました。

 

残念なことに

試合中

相手選手の肘が顔に当たり

下の前歯を折る怪我を負ってしまいました。

 

故意かどうかは分かりませんが

ボールのない所で

激しい接触プレーのない所でも

このような怪我が起こってしまいます。

 

折れてしまった歯は

元通りには戻らないので

非常に残念でなりません。

 

もし彼が

マウスガードを着用していれば

防ぐ事が出来たかもしれません。

 

一方

3点目のゴールを決めた

遠藤航選手

 

このブログでもお馴染みの同選手ですが

代表戦では

チームカラーの青色のマウスガードを

着用していました。

 

富安選手も

今回の件があって

遠藤選手の影響を受け

怪我予防の為

マウスガードを着用するかもしれませんね。

 

怪我の不安を払拭し

更なる活躍するの事を

今後も期待しております。

投稿日:3月 26日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

アメリカプロバスケットボール

NBAのスター選手

ステファン・カリー選手

 

彼はプレーもさることながら

マウスピースにまつわる話題に

事欠かない一人です。

 

 

集中力を高める癖で

フリースロー時に

マウスピースを出して噛みながらスローしたり

 

ドリブル中に

外れたマウスピースを片手でキャッチしながら

味方にアシストしたり

 

審判の判定を不服として

マウスピースを投げつけて

退場処分になったり

 

過去には

オークションで

彼の使用済みマウスピースが

3190ドル(当時のレートで約30万円)で

落札されたりと

本当に話題が豊富です。

 

そんな彼ですが

マウスピースを着けるきっかけになったのは

ジュニア時代に

相手選手にエルボーを食らい

怪我をしてからという話です。

 

その後、怪我予防から

ずっと着けてプレーしています。

 

マウスピースを噛む癖も

大学生時代についてしまったそうです。

 

ただ

外れやすいマウスピースは考え物ですね。

 

誤って飲み込んだり

肝心な時に外れて

怪我をしてしまう事があります。

 

自分にあった外れない物を

作る事をおススメします。

 

厚生省のガイドラインにも

記載されている様に

マウスピース(矯正用も含む)は

必ず歯科医院で作成しましょう。

 

最後に

マウスピースは投げてはいけません!

気をつけましょう!

投稿日:3月 9日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

先週末から

待望のJリーグが開幕しました。

 

15年ぶりに古巣セレッソ大阪に復帰した

大久保嘉人選手

  

開幕戦で

いきなりゴールを決めて

改めて決定力の高さを示しました。

 

一方ドイツでは

シュツットガルトの遠藤航選手が

1試合2ゴール2アシストを決め

チームの勝利に貢献しました。

 

守備的な選手ですが

得点もアシストも出来る

日本代表にとっても

貴重な選手に成長しました。

 

一見関連性の無いこの2選手

私は2人のある共通点に気が付きました。

 

それは

2人とも『マウスガード』を使用して

試合に出場している事です。

 

遠藤選手に関しては

以前ブログに書いたので

存じ上げていましたが

大久保選手は

正直存じておりませんでした。

 

少しずつですが

サッカー界においても

マウスガードの着用が

広がりつつあるのでしょう。

 

確かに

最初は違和感が強く

発音しにくいので

敬遠されがちですが

慣れてくると

無くてはならない物になっていきます。

 

かみ合わせの安定に繋がるので

体幹のブレが少なくなり

動作がスムーズに行えるので

パフォーマンスアップに繋がる可能性も

あるかもしれません。

 

勿論、怪我の予防にも効果的です。

 

子供たちが憧れる選手たちが

率先して効果を体感し

着けてプレーして頂ける事が

一番良い普及活動だと

個人的に思っています。

 

我々スポーツデンティストも

より良い医療と知識を

スポーツの場に提供出来る様

日々の努力を惜しまず

頑張っていこうと思います。

  

最後に

我がカマタマーレ讃岐の開幕戦は

3月14日です。

 

皆さんで盛り上げていきましょう!

投稿日:3月 1日| カテゴリー:ブログ

以前作成した

当院ロゴマーク入り

ファイブアローズ練習用Tシャツを

U15チームが着てくれています。

 

 

 

 

感無量です!

 

ファイブアローズの運営の方々には

日頃よりお世話になり

大変感謝しております。

 

これからも応援しております。

頑張ってください!

投稿日:2月 26日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

スポーツをしていて

怪我はつきもの

顔の周りでいうと

前歯が折れる怪我が多く見受けられます。

 

 

サッカーやバスケでは

ディフェンス時に

相手を抑え込むため

よく肘を使って動きを封じ込めます。

 

この肘が厄介で

時に顔や目、前歯に当たって

大怪我に繋がる事もしばしばあります。

 

ひと昔前だったら

『怪我のひとつやふたつは男の勲章』

と黙って過ごせたでしょう。

 

歯が折れたぐらいでは

命に係わる事もないので

あまり重要視されていません。

 

しかし今は

将来の不安に繋がりかねません。

 

例えば

若いうちに前歯を折ってしまったとして

その後のかみ合わせは

どのように変化していくでしょうか?

 

前歯は見た目だけでなく

船でいうところの『船頭』

 

つまり

かみ合わせの行く先を決める

大事な役割があります。

 

船頭を失ったかみ合わせは

前後左右に大きくずれて

正しい位置でのかみ合わせを作れなくなる

危険性を孕んでいます。

 

悪いかみ合わせは

スポーツパフォーマンスの低下や

栄養素を取り込めないなど

様々なデメリットを生んでしまいます。

 

また一度折れて治療した歯は

健全な歯に比べると

半分程度の寿命しかないことがあります。

 

使っているうちに

また折れると

最悪、抜歯になるケースもあるかもしれません。

 

前歯の怪我予防には

スポーツマウスガードが最適です。

 

前歯が無くなり

将来のかみ合わせが悪くなるのを

予防する意味でも

若いうちからの着用を推奨します。

 

スポーツマウスガードの普及によって

少しでも前歯の怪我が無くなればと思い

今後もスポーツデンティストとして

普及活動に邁進していきます。

投稿日:2月 22日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

今回はスポーツ歯科が考える

睡眠についてお話しようと思います。

 

 

アスリートにとって

トレーニングと共に非常に重要なのが

休息です。

 

十分に休息が取れず

疲労が溜まった状態では

トレーニング効果が半減しますし

試合でのパフォーマンスに影響を及ぼします。

 

疲労回復には

食事と睡眠が重要だと考えます。

 

短い時間でも

効率よく深い睡眠が出来ると

頭も冴え、体の疲れも感じにくくなります。

 

睡眠の質が低下すると

思考能力や判断力が低下し

思わぬ怪我に繋がりかねません。

 

十分な睡眠がとれているかは

客観的な指標が取りにくい為

自身の申告に基づくスクリーニングによって

判断していきます。

 

歯科分野においては

『睡眠時無呼吸症候群』という

寝ている時に呼吸が止まってしまう事への

防止を行っていく必要があります。

 

呼吸が止まり

何度も目が覚めると

睡眠の質が下がり

疲労感が残ってしまいます。

 

睡眠時無呼症候群の発生原因は

鼻疾患によるものと

舌や喉、口によるものがあります。

 

なので

耳鼻科と連携しながら

治療を進めていく必要があります。

 

歯科では口の中を拝見し

睡眠中の歯ぎしりや食いしばりなどによって

歯が削れていないかどうか

 

舌の横にひだひだの圧痕があったり

舌が肥大していないかどうか

 

扁桃腺が肥大していないかどうかなど

総合的に判断しながら

診断を行い

治療の必要があれば

睡眠時専用のマウスピースを作成します。

 

このマウスピースは

歯ぎしりから歯を守り

寝ている時、舌が後ろに下がって

喉を塞いで呼吸しにくくするのを

予防してくれる効果があります。

 

十分な睡眠をしっかりと確保し

疲労を取り除き

次の目標に向け

気持ちもリフレッシュする事が

アスリートには不可欠です。

 

同時に

歯も綺麗に磨いて

口の中もリフレッシュしましょう。

 

眠りの質が悪いと感じているようなら

一度、周りに相談してみてはいかがでしょう。

投稿日:2月 16日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

昨日、たまたま三豊市を通りがかったので

三豊市緑が丘総合運動公園に立ち寄りました。

 

 

偶然にも若きカマタマーレ選手たちの

練習試合に遭遇したので

少し見学させてもらいました。

 

なかなかお目にかかる機会がなかったので

選手たちの動きや身体をチェックしながら

将来のスター選手候補たちの活躍を

胸を高鳴らせて応援していました。

 

スポーツ歯科医として

気になった事は

まだ身体が出来上がっていない状態ですが

現代の若者の多くと同じ様に

背は高くひょろっとしており

下あごが小さい選手が多い様に

見受けられました。

 

大きく丈夫な身体を作る為には

よく噛んで食べる事が不可欠です。

 

よく噛むことで

あごの筋肉も鍛えられ

あごの骨への負荷も増し

しっかりとした口元に発達します。

 

筋力の発達には

骨への負荷も必要になります。

 

しっかりとなんでもよく噛んで食べる事が

食事面での幅を大きく改善します。

 

栄養素が豊富な食物は

得てして固い食べ物が多い事があります。

 

根菜類はビタミンと食物繊維が豊富ですし

小魚はカルシウムが豊富な食材です。

 

骨が丈夫で怪我しにくい身体づくりには

欠かせない栄養素ばかりです。

 

またお米などの炭水化物も

肉などのたんぱく質も

歯でよくすり潰されて細かくなることで

胃や腸での吸収が違ってきます。

 

栄養面での指導も大切ですが

噛むことの重要性も

伝えていって欲しいと思いました。

 

強いチームを作る上でも

若い世代の底上げが必要不可欠です。

 

若きカマタマーレ戦士達の

更なる飛躍を願っております。

投稿日:2月 8日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

新型コロナウイルス感染予防の為

マスクが欠かせない世の中になりました。

 

 

非常に残念な事ですが

マスク越しの顔を見ても

その人本来の魅力を

十分に発揮出来ていないなと

感じてしまいます。

 

第一印象は

見た目で決まる事が多い現状です。

 

マスクをしていると

顔の3分の1

つまり目元しか

相手に与える印象要素がありません。

 

残りの3分の2

鼻と口元(骨格)

 

この全てが揃って

顔の印象が決まります。

 

また表情も

目元だけの3分の1では

伝わらない事も

 

目が笑っていても

口元は怒っているかもしれません。

 

素敵な笑顔は

健康的で綺麗な歯並びで

作られています。

 

顔の骨格も

歯並びが整っている事で

歪みがなくバランスが整います。

 

マスク必須な今こそ

矯正治療を始める

絶好のチャンスかもしれません。

 

矯正装置を着けていても

マスクを外す機会が少ないので

気が付かれないと思います。

 

晴れてマスクを外す世の中になった時

綺麗な歯並びと口元を

獲得出来ている事でしょう。

 

今まで隠されていた魅力も

本来の姿を取り戻し

相手に好印象を持たれるかもしれませんね。

投稿日:1月 6日| カテゴリー:ブログ

香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

今、SNSなどで流行りの

マウスピース矯正と

スポーツについて考えてみました。

 

マウスピース矯正とは

プラスチック樹脂で出来た透明の装置を

1日22時間程度装着し

10日前後で新しい装置に取り換えて

歯をゆっくりと動かしていきます。

 

透明で目立ちにくい

金属の装置と違って痛くなりにくい

通院の手間が省けるなど

様々なメリットで人気の矯正治療です。

 

InstagramなどのSNSで

症例も多数見れますし

芸能人の方も数多くされているようです。

 

専門的な事は

矯正専門医に任せるとして

スポーツの観点からはどうでしょうか?

 

メリットは

従来の装置を使って治療するよりは

口の中を怪我するリスクは少ないです。

 

デメリットは

食事と歯磨き以外ずっと着けるので

虫歯になりやすくなります。

 

特にアスリートは

水分補給に

スポーツドリンクを飲む事が多いので

より虫歯に注意が必要です。

 

またマウスガード着用義務がある

スポーツについては

治療期間がかかるので

治療する時期を

考慮しなければならないでしょう。

 

マウスピース矯正に限りませんが

矯正治療において

一番重要なのが『診断』です。

 

治療して良くなるかは

一番最初に決まります。

 

しっかりとした診断の下

自分のライフスタイルにあった

治療法を選択していきましょう。

投稿日:12月 26日| カテゴリー:ブログ