香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

今回はスポーツ歯科が考える

睡眠についてお話しようと思います。

 

 

アスリートにとって

トレーニングと共に非常に重要なのが

休息です。

 

十分に休息が取れず

疲労が溜まった状態では

トレーニング効果が半減しますし

試合でのパフォーマンスに影響を及ぼします。

 

疲労回復には

食事と睡眠が重要だと考えます。

 

短い時間でも

効率よく深い睡眠が出来ると

頭も冴え、体の疲れも感じにくくなります。

 

睡眠の質が低下すると

思考能力や判断力が低下し

思わぬ怪我に繋がりかねません。

 

十分な睡眠がとれているかは

客観的な指標が取りにくい為

自身の申告に基づくスクリーニングによって

判断していきます。

 

歯科分野においては

『睡眠時無呼吸症候群』という

寝ている時に呼吸が止まってしまう事への

防止を行っていく必要があります。

 

呼吸が止まり

何度も目が覚めると

睡眠の質が下がり

疲労感が残ってしまいます。

 

睡眠時無呼症候群の発生原因は

鼻疾患によるものと

舌や喉、口によるものがあります。

 

なので

耳鼻科と連携しながら

治療を進めていく必要があります。

 

歯科では口の中を拝見し

睡眠中の歯ぎしりや食いしばりなどによって

歯が削れていないかどうか

 

舌の横にひだひだの圧痕があったり

舌が肥大していないかどうか

 

扁桃腺が肥大していないかどうかなど

総合的に判断しながら

診断を行い

治療の必要があれば

睡眠時専用のマウスピースを作成します。

 

このマウスピースは

歯ぎしりから歯を守り

寝ている時、舌が後ろに下がって

喉を塞いで呼吸しにくくするのを

予防してくれる効果があります。

 

十分な睡眠をしっかりと確保し

疲労を取り除き

次の目標に向け

気持ちもリフレッシュする事が

アスリートには不可欠です。

 

同時に

歯も綺麗に磨いて

口の中もリフレッシュしましょう。

 

眠りの質が悪いと感じているようなら

一度、周りに相談してみてはいかがでしょう。

投稿日:2月 16日| カテゴリー:ブログ