香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

アルツハイマー型認知症に

歯周病菌が関与しているとの報告が

九州大学研究チームから

発表されました。

 

 

認知症の7割にあたるアルツハイマー病は

脳に異常なたんぱく質が

長年にわたり蓄積され

発症すると考えられています。

 

この異常なたんぱく質が作られるのに

歯周病の細菌や毒素が

関係しているようです。

 

歯周病菌は

口から血管内に入り込み

血液によって全身に運ばれます。

 

心臓の血管や脳の血管にも運ばれる事で

心筋梗塞や脳梗塞の

発症の原因を作るとされています。

 

同じように

細菌によって作られたたんぱく質が

血管を通って脳に運ばれ

少しづつ蓄積され

やがて認知症を発症するようです。

 

まだマウスでの研究によるものですが

今後さらに研究が進めば

歯周病の治療や予防が

認知症の発症や進行に効果的だと

証明されるかもしれません。

 

歯周病は

症状を感じにくく

ゆっくりと進行していきます。

 

気が付いた時には

手遅れになる事も。

 

現在の歯周病治療は

内科的にお薬だけで

改善することはありません。

 

まずは今のご自身の歯周病の状態を

検査し、把握する事が重要です。

 

そして

食べかすや歯石、細菌を

徹底的にお掃除をして取り除きます。

 

おうちでのセルフケアも大切です。

 

定期的に検診する事で

歯周病の進行を遅らせ

重症化予防する事が出来ます。

 

先述した認知症や心筋梗塞

脳血管障害、糖尿病、誤嚥性肺炎など

様々な病気の予防にも

歯周病の治療は効果的だと考えます。

 

坂出市では歯周病の検診を

無料で行っております。

 

当院でも検診出来ますので

お口の状態を診てもらう事を

おすすめします。

投稿日:10月 6日| カテゴリー:ブログ