香川県坂出市のスポーツデンティスト

香西歯科医院です。

 

現在青森県で

国体冬季大会アイスホッケー競技会が

開催されております。

 

 

成年男子の部、香川県代表は

社会人ホッケーチームの

『香川アイスフェローズ』が

出場しています。

 

1回戦を突破し

30日に行われた2回戦も快勝し

ベスト8に進出しました。

 

このまま優勝して欲しいですね。

 

新聞記事の写真で

マウスガードを着用している選手が

見受けられました。

 

アイスホッケーは

氷上の格闘技と呼ばれるほど

相手との接触が多いスポーツです。

 

スピードの乗った状態からの

タックルは非常に危険で

防具を着けていても怪我がつきものです。

 

ヘルメットを着用していても

あごを下から突き上げる力が加わると

自分の歯で上の歯が割れたり

唇を切ったりする怪我に繋がります。

 

直接歯にかかる負担を軽減するだけでなく

こういった間接的な負担や

脳震とうの予防にも

マウスガードの着用を推奨します。

 

怪我の多いスポーツも

安全面に考慮する事で

競技人口も増え

活性化していく事でしょう。

 

香川アイスフェローズの

今後の活躍が

香川県のアイスホッケーレベルを

更に押し上げる要因になろうかと思います。

 

是非とも頑張って頂きたいですね。

応援しております!

投稿日:1月 31日| カテゴリー:ブログ